usingクラス取得ツール作った

namespaseを利用してクラス名を書かずに

別クラスのメソッド等を呼び出す方法がとても便利なのですが、

「using static ○○○」をスクリプトファイルごとに書くのが面倒くさい!

ということで、簡易的にツール化したのでご紹介します。

 

  

クラス名を書かずに別クラスのメソッド等を呼び出す方法

下記URLで説明してますので、ぜひご一読ください・・・

【C#6】別スクリプトの関数・定数を簡潔に呼び出す方法 - のにっき

 

ツール置き場 

仕様書も置いているので一緒に落として確認してみてください。

github.com

 

使い方 ※仕様書抜粋

1)まずは、Assetsフォルダのパスを記入(ファイルのD&DでOK!)

f:id:apuridasuo:20191108194043p:plain

図:初期設定

2)「検索開始」ボタン押下で「using static ○○○」リストを出力!

  ※そのまま貼り付けれる形式でリスト化されてます

f:id:apuridasuo:20191108194108p:plain

図:検索開始時の挙動

3)namespaseごとに、表示の切り替えができる様になってます

f:id:apuridasuo:20191108194128p:plain

図:チェックボックスの仕様

4)パスの記入内容は「保存する」にチェックしておくと、次回起動で

  パスが記入された状態で開かれるのでとても便利です。

f:id:apuridasuo:20191108194159p:plain

図:パスの保存チェック仕様

 

 以上です。

ぜひ使ってみてご意見・ご感想などいただけたら嬉しいです!